大徳寺・高桐院~“散り紅葉”の一本路が誘うわびさびの世界

高桐院

■お茶の世界を感じられる大徳寺

北大路通を鴨川を越えて西に、大徳寺の紅葉は見逃せません。
大徳寺は禅宗のひとつ、臨済宗の寺院で、20余りの塔頭を抱える大寺院。一休宗純や、千利休などの茶人とも深い関係があります。通年公開されている塔頭は、龍源院、瑞峰院、大仙院、高桐院などと限られていますが、秋の特別公開では他の塔頭も、順番に公開されているようです。

そんな大徳寺で紅葉のシーズンぜひ訪れてほしいのは、高桐院です。

高桐院 高桐院
露地から入口へ続く風景は、いつ行っても一枚の絵のようです。
特に秋は「散り紅葉」のすばらしさで有名です。
見上げるだけでなく、落ち葉となったモミジが、庭先で尚美しい様子をぜひ眺めてみてください。

【大徳寺の基本情報(通年公開の塔頭のみ掲載)】
★平年の見ごろ(高桐院の場合):11月中旬~11月下旬

・住所:京都市北区紫野大徳寺町
・アクセス:電車●JR京都駅から地下鉄烏丸線「北大路」駅下車、徒歩15分
(あるいは市バス「大徳寺前」下車すぐ※高桐院の場合は、「健君神社前」下車
徒歩5分)
・拝観料:高桐院400円
龍源院350円
瑞峰院400円
大仙院400円(抹茶代別途200円)
・拝観時間:高桐院9:00~16:30(受付終了は16:00)
龍源院9:00~16:30
瑞峰院9:00~16:30
大仙院9:00~16:30
・拝観休止日:法要などの際は拝観休止となる
・問合せ先:高桐院075-491-0019
龍源院075-491-7635
瑞峰院075-491-1454
大仙院075-491-8346
・参考URL:http://www.rinnou.net/cont_03/07daitoku/

■静かな竹林を横目にぶらり散策

大徳寺といえば、お土産には大きいことで有名な「大徳寺納豆」をどうぞ。
普通の糸ひく納豆とは違う、おつまみにもなる納豆は一度くせになると、やめられない味です。

また、高桐院から静かな竹林を抜け、つきあたりを右に折れると、「玉の輿」「縁結び」で有名な今宮神社もあります。こちらの門前ではぜひ、「あぶり餅」を召し上がってみてください。きなこと白みその相性がたまりませんよ☆

あぶり餅

You may also like