人気紅葉スポット「岩倉実相院」の“床もみじ”は晴れた日を狙おう!

床もみじ

岩倉実相院は、何といっても紅葉の時期にみられる「床もみじ」の美しさが有名。黒く磨かれた床に、春は新緑が、秋は紅葉が映り込み、それぞれ「床みどり」「床もみじ」と呼ばれています。

■岩倉実相院とは

岩倉実相院は、京都市街を北へ、「岩倉」という地域にある天台宗の門跡寺院です。
京都のお寺には、時々「門跡」と名のつくところがありますが、これは代々皇室の関係の方が住職を務められてきたお寺、という意味です。
明治維新で活躍した、岩倉具視も住んでいたことでも有名です。

実相院

【岩倉実相院の基本情報】
★平年の見ごろ:11月下旬から12月上旬

・住所:京都市左京区岩倉上蔵町121
・アクセス:電車●JR、近鉄「京都」駅より地下鉄烏丸線「国際会館前」駅下車、
京都バス24系統で「岩倉実相院」バス停下車
京阪電車●「出町柳」駅で、叡山電車の叡山電鉄鞍馬線「岩倉」下車後
徒歩20分、あるいは京都バス21、23系統で「岩倉実相院」バス停下車
阪急電車●「河原町」駅下車の場合、四条河原町東北側バス停(ナムコタ
ワー前)より京都バス21、23系統乗車、「岩倉実相院」バス停下車。あるいは、
「烏丸」駅下車で地下鉄烏丸線に乗換、終点「国際会館前」駅下車、京都バス
24系統で「岩倉実相院」バス停下車
※無料駐車場はありますが、秋期は使用不可
・拝観料:一般500円
・拝観時間 9時~17時
・拝観休止日:無休
・問合わせ先:075-781-5464
・公式HP:http://www.jissoin.com/

■床もみじは「行った人しか見られない」美しい光景

岩倉実相院は、庭園の写真撮影はできますが、床みどり・床もみじが見られる客殿では、写真撮影が禁止されています。
その為、「行った人しか見ることのできない」風景として、紅葉の時期は多くの人が訪れます。
床もみじを見たかったら、よく晴れた日がおすすめです。
黒光りする床に、外の紅葉の赤が映り込む様子は、なんとも幻想的です。

床もみじ

■山水庭園と石庭

床もみじだけではなく、二つある岩倉実相院のお庭は、それぞれに違う雰囲気を楽しむことが出来ます。
山水庭園では、色とりどりの紅葉を楽しむことが出来ますし、石庭は比叡山を借景とし、毎年デザインが変わるそうなので、訪れるごとに楽しめます。

■叡山電車に乗ってぶらり

岩倉実相院へは、バスか叡山電車を使ってのアクセスがおすすめです。
(紅葉の時期は、京都市内を車で移動するのはあまりお勧めできませんので…)

時間があれば、叡山電車に乗って、ぶらりと岩倉のさらに奥、貴船や鞍馬へ出かけてみてもいいかも。
鞍馬には日帰り温泉もありますし、貴船神社は最近、縁結びのスポットとして人気があります。
また、その途中の、「市原」―「二の瀬」間では「もみじのトンネル」も見られるかもしれません。
紅葉のシーズン、夜間はライトアップされ、展望列車が走るので、それを楽しみに乗るのもいいですね。
叡山電車は、南の終点「出町柳」駅で京阪電車と連携しているので、京都市街へのアクセスも便利です。

You may also like